バスケットはお好きですか?

20091011160333_original

 

赤木晴子が桜木花道に最初にかけた言葉ですよね。

 

先日一人のフレッシュマン(1年生)が自分に出場機会が回ってこないことに腹を立てて退部してしまいました。

いろいろ考えさせられる出来事でしたが、彼の意思は堅くチームメイトでも呼び戻せませんでした。

彼はまだ1年生。彼のほかに3人同じポジションで彼よりも経験が合って試合で活躍できる選手がいる。それでも彼はこのチームにいるのは時間の無駄だと言って退部してしまった。

この出来事が起きてから高校の恩師であり、もう一人の父親である存在の先生の言葉がよく頭をよぎります。

”バスケットが本当に好きなやつと、バスケットをしている自分が好きなやつがいる”

彼はバスケットボールはチームスポーツだということを忘れ、後者を優先してしまっていたから今回の決断を下したのかなと思います。(自分自身ではもちろん気付いていないでしょう)

赤木晴子のバスケットが好きですかという質問に対して、結果で答えた桜木花道(彼の場合は赤木晴子にかっこいい所を見せたいというところから始まっていますが笑)。でも本当にバスケットが好きで好きでそれにのめり込んでいく姿勢は選手が学ばなくてはいけないものだと感じました。

あなたは私の恩師の言葉の前者でしょうか、後者でしょうか?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中