アメリカのカレッジバスケの裏側 其の2

昨日に引き続き今回は$お金$のスケールの違いについてです。

ウエストバージニアでのバスケ部の年間バジェット(予算)は約1億5000前んぐらいです。桁が違いすぎて笑っちゃいますよね。

コロシアムも立派ですし、2年前にはバスケ部専用の練習場も建てました。
シューティングはいつなんどきでも出来ます。

Unknown-1 Unknown

 

友達が来たら、バスケを知っている知っていないなしにこの二つの会場のツアーを必ずします。みなさんの驚きようはこちらが本当にツアーをして良かったと思えるほどびっくりして頂けます。

遠征にはプライベートジェットに乗って移動します。飛行時間がカンファレンスがかわった関係で毎回3時間になったので、全席ビジネスのNBAチームが使用している飛行機に乗ります。ちなみに私が行ったときは元ニューヨークネッツのケビンガーネット選手が毎回座る席と添乗員に言われました。

練習着、バッシュ、移動着、バックパックなどはすべて最新モデル(ウエストバージニアはナイキスクール)のものがいち早く届きます。

Unknown-2

大学の試合のチケットもかなり高額です。

DUKE大学の体育館はとても小さく、集客人数が限られていますしとても人気のあるバスケットチームなので毎試合チケット購入はとても困難です。ちなみに私は昔バスケの友人と一人4万円を出して試合を見に行きました。。。笑

バスケットがマイナースポーツだなんて日本で言わせない時代を皆さんで協力して築いていきましょう!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中