シーズンを終えて

3日前にシーズンを終えました。

何もかもが初めてで、自分が思い描いていたほどのことは正直出来なかったと思います。しかし毎日何かしら新しいことを学べたり、今までなかった新しいバスケットを学べたと思います。

 

その中でも自分の中での教訓の一つは、”分かっているつもりではだめ。実際にやってみて、失敗してから分かっていると言える”。

表現がイマイチ伝わりづらいかもしれませんが、これは自分の一番のウィークポイントでもありましたし、コーチングの仕事を始める前から心配していたことでもありました。圧倒的に経験値が少なすぎました。

 

ライコミング大学ではもともと私がいたウエストバージニアのメインのオフェンス、”5アウトモーション”を軸としたオフェンスを展開していました。

その時にライコミングのコーチから色々なアドバイスや、コーチハギンズの指導法などを聞かれました。

自分は3年間もコーチハギンズのもとで彼のオフェンスを見ていて、完全に”分かった気”でいました。

”なんでこの動きをするんだ”、”何がコーチハギンズのメインのフィロソフィーなんだ?” なんで、何、という質問に対して全く答えられなかったのです。

 

自分は同じ練習を繰り返し見て、ただ単に動き方を理解していただけと気付かされました。その一つ一つの動きの目的、それから得られる結果などコーチハギンズの真の選手に伝えたい内容を全く理解出来ていなかったのだと。ましてやそれを考えてもみなかった事に自分でがっかりしました。コピーしてエコーのように他人が言っている事をそっくりそのまま指導するのは簡単です。しかしそれを自分のものにしてアレンジを加えていかない事には、”なぜ”と言う質問に一生答えられないと思いました。

バスケットの指導は奥が深く、難しいけどそれを解決、理解していくのがまた楽しい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中