Youth Tournament

もうNCAAトーナメントが始まりましたね。我が母校West Virginaは全米大会には出られませんでしたが、NITと言うのに出場しました。(一回戦で惜しくも負けてしまいましたが。。。)

そんなトーナメントのお祭り騒ぎには見向きもせず、先週末はLycoming Collegeでちっちゃい子達を対象にしたトーナメントを主催しました。

75チームが参加してくれて大盛り上がりとなりました。

が、経営者側としては寝る暇もなく一週間中準備、運営、片付けに追われていました。準備をしっかりしたので一度試合が始まってからは何も問題なく時間が風のように過ぎていきました。

アメリカのスポーツはシーズンスポーツですし、練習試合なんかも日本と違ってコーチ同士が話し合えば簡単に出来ると言うものではありません。何かの大会に出場しないと試合経験は積めません。なのでどこの大学でもこのようなキャンプだったりトーナメントを開いてコーチ陣のポケットマネーにしているのです。

あとは夏の間に開かれるキャンプなんかもそうです。アメリカではいろいろな手段/行事を行ってエキストラマネーを得ているのです。

実際にスポーツマネージメントを肌で勉強している感じで、大変でしたけどとてもためになりました。

この経験、知識を日本で使えないものかと考えている最中です。もし何か良いアイディアがございましたらぜひ。

 

広告

”暇”

”暇”という言葉は今後自分の人生の中で一生使わないように心がけている言葉のひとつだ。

休日に特にやることがない(やらなくてはいけない仕事がない)時は次の日、次の仕事に向けて体や頭を休めることに専念する。

やらなくてはいけない仕事、行事がないときは家族や友達に連絡を取って近況報告をし合って新たな刺激、アイディアをもらう。

なかなか忙しいときには出来ない映画鑑賞や読書にたっぷり時間を使うのもいいだろう。

 

私は言葉のパワーが自分に与える影響はとても大きいと思っております。自分が”暇だ”ということを口にするだけで自分の人生の大切な時間を無駄にしている気がしてしまいます。海外に来て、家族を始め多くの方々のサポートや応援があって今の自分があるのに時間をムダ使いするなんて。。。

#TIME IS MONE

Ysaves_time_money

NCAA??? RULES???

まずはこれを見てください。

私の好きなヘッドコーチの一人であります、Syracuse University, Jim Beoheimです。

彼の新たなライバル校、コーチK率いるDukeとの一戦です。残り時間が少ない大事なところで審判の判定に納得いかず、激怒して会場から退場処分になったシーンです。

やはりこの行動にも問題はあると思います。教育者として、学生に見せてはいけない言葉遣い、また行動をとってしまったと思います。それは本人も後日の会見で反省しているコメントをしています。

バスケットの試合でいつでもクールに振る舞えというのは正直難しい話でもあります。

 

私がこの件で一番疑問に思っているのは、NCAAがコーチに対して何ゲームか謹慎処分にするなどの罰を与えなかったことです。

何回か前にポストしたマーカススマート選手の話と比べると何か違和感を覚えます。

スマート選手はまだ18,9の学生。コーチは大の大人で、全米を代表する名監督。

二人が起こした行動に対してのNCAAの対処の仕方に納得できないのは私だけでしょうか。