Coaching Clinic

アメリカの大学/有名な高校(もしかしたらNBA?でも?)ではシーズンが始まる直前に”Coaching Clinic”と言うものを多くの大学で開きます。

これは“コーチがコーチに指導をする”クリニックです。

日本ではなかなかない試みだと思います。(*最近では小野秀二さんを中心としたShu’s Clinic, そしてトヨタが月に一度開いているクリニックなどがあります)

IMG_1709

アメリカのCoaching Clinicでの衝撃は、 コーチ陣が実際シーズン中に使用しているメインの戦術を教えてしまうところです。

West VirginiaのBob Hugginsの場合は、彼の代名詞でもある”5 Out Motion”をクリニックに来たコーチ陣に教えます。

私は最初疑問に思いました。なぜ自分たちがやっている事をそっくりそのまま教えてしまうのか。自分たちの首を絞める事になるのではないかと。

しかし私なりに考えた結果、彼らは自分自身への自信と、後継者の育成と言う2つのしっかりとした柱があるからこのスタイルでCoaching Clinicを開けるのだと思いました。

クリニックに来た指導者が、ただ教わった事をコピーしただけではオリジナルより良くなるわけがありません。それが彼らオリジナルを作り出した成功者たちの自信です。

もう一つは若いコーチ陣の育成の為に、自分たちが成功して来た作戦を次の世代へ伝えます。今後彼らの活動のヒントに少しでもなれば良いと言う心構えがあると思います。

日本の成功している指導者はなかなか自分が成功した作戦などをオープンに話してくれるイメージがありません。しかしこれでは若い世代の指導者がなかなか育たないと思います。

もちろんインターネットが普及している今の時代、いろいろなリソースが簡単に手に入るのも事実です。

しかし生きたリソースを勉強すると言うのはスクリーン上の文章をただ読むだけとは違う、貴重な経験の場になります。

コーチングクリニックが年に一度、いろいろな成功したコーチ陣が開いてくれる事によって、若い世代の指導者の成長のきっかけになると私は信じています。もし機会があったらみなさん、Coaching Clinic開催を考えてみてはいかがでしょうか?

Knowledge is Power.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中