Perception is Reality

今日ヘッドコーチから言われた言葉です。

“Who people think you are is actually who you are”

“他人があなたの鏡なんだよ”ということです。それが自分自身が思っている“自分像”と違っても、他人がそう思ってしまったらそれがあなたなんです。

 

今後私は人生において大切な選択を自分で決めていく事になります。そのときに、私がたとえ100%望んでいない場合でも“やる気があります”“この仕事に就ける事をとても楽しみにしています”と言う熱い気持ちを相手に表現しないと、自分の価値を下げる事になるよという教えでした。

やっぱり相手に“冷めている人”“この仕事をどうしても欲しがっているわけではない”などの印象を与えてしまったら、実際自分そう言う人間でなくても、その人からは今後そう言う目で見られてしまいます。

別に私は、自分自身に嘘をついて常に猫を被った方が人生得だよと言う事をここで言いたいのではありません。

自分自身が思い描いている“自分像”と必ずしも他人のあなたに対する評価が同じではないと言う事です。だから自分自身を常に客観的に評価し、成長し続ける事が大切なのではないのかなと思いました。

IMG_3761

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中