“ありがとう”は自分の好きな言葉の一つです

仕事を移ったり、次のステップに進むとき、または何かの節目に自分がそれまでいた環境、仲間、組織全体に感謝の気持ちが出てくるものです。

感謝の気持ちを言葉にして/文字にして相手に伝える事はとても大切ですし、今後も良い関係を続けようと言う心の表れでもあると思います。

 

しかし、その感謝の気持ちを再認識するのは毎度物事の終わりで良いのでしょうかとふと思いました。

自分が実際アメリカから今回帰国する事を決めからこの一年をざっと振り返りました。日々勉強でがむしゃらにチームの為に働いていましたが、特に環境や人々に対して”毎回”感謝しながら働いてはいなかったと正直思います。

自分が抜ける ポジションのアシスタントコーチを今ヘッドコーチが探しています。この仕事をやりたいと言ってくる人数の多さ、そして高学歴の持ち主といろいろ話しを聞いていると自分は一年前なんてラッキーだったんだろうと思います。

シラキュースの大学院マネージャー、アイオワの大学院マネージャー、フロリダ州立大学の大学院マネージャー、etc…自分より経験もあり学歴もある人たちがこの仕事をしたいとアプライしています。そして英語が自分なんかより堪能であると言う事。

わたしより有能な方々は多くいたはずです。しかしその中でも自分を選んでくれた事は自信にも繋がりましたし、アメリカで大学のコーチの経験をさせてくれる機会を与えてくれたコーチにはとても感謝しています。

一度自分の環境がセットされてしまうと日々感謝するのは難しい事だと思います。が、自分自身の今の環境、機会をくれたヘッドコーチ、そしてサポートしてくれた人々に心から感謝する気持ちを時々でも思い出せれば、疲れたとか辛いとか言い訳をしたくなる気持ちは自然と無くなっていくのかなと思いました。また感謝出来ると言う環境にいる自分自身、ラッキーだなと思います。ありがとう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中