アメリカでシーズンを通してバスケットを勉強する意味

“アメリカでバスケットを勉強していました”と言うと、
“すばらしいフォーメーションは?”

などと聞かれます。

ウエストバージニア時代やライコミングカレッジ時代に、いろいろなコーチのすばらしいフォーメーションを勉強しました。

しかしそれは、試合中テレビで使われているシステムをブレイクダウンしていけば自分でも勉強出来ないわけではないと私は思います。

 

それより私は“シーズンを通してバスケットを勉強した”大切さは他にあると思います。

オフシーズン中の練習内容。

試合前とプリパレーションと試合後の反省。

キャンプやクリニックの運営や参加。

リクルートの活動。

などなど、合計で4シーズンバスケットボール部に携わったからこそ学べた事は本当に多かったと思います。

 

今後、そういうアメリでの経験を自分でもっと簡潔に整理して、真似出来るすばらしいところは日本に広めていけたらなと思っています。

5985_4982363924789_257899201_n

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中