追われるという立場に立つこと

”常勝軍団”

かつての能代工業高校、スラムダンクでの海南高校、世界陸上のウサインボルト、そして今日男子200mで準決勝を決めたサニブラウン君など、一度その世界で優勝など脚光をあびると、周りの見る目が、”また次回も”という期待の眼差しに変わっていきます。

私はそんな立場になったことありませんが、その様な選手たちを見ていてすごいなと思うのは、よく言われる”気持ちの強さ”だと本当に思います。

下克上でのし上っていく選手(たち)は、追われる選手に比べたらプレッシャーはさほどないと思います。スラムダンクの湘北vs.山王戦がその臨場感をとても上手に表現していると思います。

挑戦者側のチーム、選手は負けてしまっても、本人たちの悔しさを除けば周りの人たちは”良くやったよね”と評価してくれます。

しかし王者、常勝軍団はそうはいきません。周りからのいろいろな声、雑音が聞こえてきます。”あんな相手にこんな試合運びをしているようじゃな”、”期待していたけど…”など、勝っているときはあんなにフィーバーしていたのに、一度でも負けてしまったらため息の嵐です。

もちろん試合前、挑戦者側のチームは常勝軍団の名前に圧倒されます。しかし、常勝軍団は試合前からそれ以上のプレッシャーがあるはずです。”絶対に勝たなくてはいけない”と言う周りからのプレッシャーです。
もし試合がもつれてしまったら、観客の雰囲気が”こんなところで王者が負けていいのか?”という感じになっていきます。そのときにどれだけ焦らず、平常心で自分たちのパフォーマンスを出来るか。並大抵の精神力ではないと思います。

現在世界ランク5位の錦織圭選手。
自分一人でコートに立ち、常にメディアの注目の中心にいてあれだけきちっと結果を出してくる。その精神的な強さはどこから来るのか。本当にそんな精神的な強さを教えられるものなのかなと、指導者の立場としては考えしまうくらい凄まじいメンタルタフネスだと思います。

指導をしていく上で、”強い気持ちを持て”と言うだけではなく、常日ごろの練習でそれが鍛えられるような、それを少しずつ教えていけるような、そんな指導者に是非なりたいと思います。

スポーツを指導するというのは奥が深い。

30 hqdefault Kei-Nishikori-Interview

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中