トップから学ぶ事

いよいよリオオリンピックまであと少しとなりました。

スポーツの祭典、オリンピック。世界からのスーパーアスリートが集結する世界最大のスポーツイベントです。

 

最近はオリンピックに出るバスケットの代表チームが各地で練習試合を行なっており、今はそれをネット上で世界のどこにいても見られるようになっています。

先日見つけた、バスケ世界ランク1位のアメリカ代表の練習映像がYoutubeに載っていました:https://www.youtube.com/watch?v=4UK4WMFkScE

 

ここで自分が”さすが”と思ったのは、一見ダラダラと練習していそうですが、5 on 0の時にベテラン選手であるカーメロアンソニーが、

“Move Sharp!!”(キビキビ動け!)

とチームメイトを鼓舞していたことでした。声のボリュームはカメラには小さめでしたが確かに言っています。

 

なんども世界大会を経験して、最強アメリカと言われたチームでも負けを経験した選手から発せられる言葉にはとても重みがありました。

今回のアメリカ代表は世界大会を経験していない選手が半数以上います。そのような経験で若いチームをけん引するベテランからの”本気度”が、その一言に込められていたような気がします。特に練習試合では他を寄せ付けない強さで勝っているだけに、余計に気を引き締めさせなくてはいけないと思っているのかもしれません。

 

世界一を決める大会ではないにしろ、国内リーグでも日本一になるには並大抵の努力だけではダメです。私には残念ながら日本一になった経験がないので、それがどれだけ険しい山道かもわかっていませんが、今回のカーメロアンソニー選手のような心構えで日々練習に打ち込むことはマストだと改めて思わされました。

 

”本気度”

 

また一から考え直します。

carmelo-anthony_1gv07kxor2nro1mx2srvwnvqg0

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中